液晶・映像部分のハードウェア開発・設計

液晶表示基板や開発機材基板の電子回路設計、または新アイデアの試作品制作等を行います。

[具体的には]
・映像表示装置としてのハードウェアの開発
様々な演出に応じて的確に、美しく表示できるハードウェアを開発、設計します。
液晶インチサイズの検討、サブ液晶の開発も行います。
・液晶、映像表示ハードウェアの共通化
在庫リスクの低減、リユース推進の観点から、ハードウェアの共通化について、プランニング、評価を行います。
・新規部品の選定・評価、新アイデアの試作検討
表示装置に新たに使用するIC等について、メーカーと型番の選定を行います。
また新たな驚きをユーザーの皆様にお届けできるよう、ハード面からのアプローチで新アイデア、映像表現について試作検討を行います。

先輩社員へのインタビュー
部署の仕事内容を教えてください。
ぱちんこ、ぱちスロの液晶等の表示に関連するハード設計を行っています。また、部品選定から評価、不具合解析なども手掛けております。
仕事を通じて成長した点を教えてください。
設計や不具合解析時の論理的思考や、それを考え抜き、やりきる責任感を養えました。
仕事で経験した事で、最も印象に残っていることは何ですか。
担当機種にて、サブ液晶パネルのノイズ問題を解決した事です。
仕事のやりがいは何か教えてください。
自分の設計したハードがホール様に導入され、遊技者様が楽しんでいるのを見られる事です。
入社を希望される方へメッセージをお願いします。
遊技者様に喜ばれるサプライズ・ハードを一緒に開発していきましょう!